クイックサーチ

【イベント開催報告】農業・食品業界に特化した2019年新卒学生向け就活セミナー『食・農 就活サミット』を開催、参加学生の95%が「参加して良かった」と回答。衆議院議員 石破茂氏の特別講演も実施。

 dsc 7249

2019年新卒学生の就職活動が本格化した2018年3月3日(土)、品川グランドホール(東京都港区)で開催された『食・農 就活サミット』に全国から学生359名が来場、農業・食品業界の企業・グループが33のブースを出展しました。
参加学生の声、参加企業の声、イベント当日の様子をご報告します。

 第一次産業ネットが主催する2019年新卒学生対象の就活セミナー『食・農就活サミット』が、5年連続で開催されました。

 様々な問題を抱える日本の農業で、特に顕著な問題は人材不足。しかし今、従来の農業のイメージを変える仕事内容・雇用環境を提供する企業と、農業で新しい価値を創造したいという学生が増加しています。そんな次世代の農業界の中核を担う新卒学生と企業の出会いの場となる今回のセミナーでは、出展企業のブースを設置する合同説明会を始め、特別ゲストに衆議院議員 石破茂 氏を招いての講演会や若手社員との交流会など、様々な角度から農業界の現状・魅力を伝えて“新卒で農業界に就職する”という選択をサポート。主要な農業系大学をはじめ全国の国立・私立大学、その他各種学校の学生が集まり、過去最大の動員人数を記録しました。

 2019年3月にも、2020年新卒学生に向けた同様の就活セミナーを開催予定です。

 dsc 7306

【参加学生の声(一部抜粋)】

■一般的な就活サイトや大規模なイベントでは出会えないと思う農業系の企業に出会え、農業を専攻する学生にとっては非常に効率的で有意義な、他に無い貴重な一日になったと思う。

■自分は文系学部だが、農業の生産現場に興味があって参加した。農業の知識は全くなかったが、多くの企業を回って丁寧な企業説明を受け、沢山の情報を得ることができた。農業界での就職を本格的に検討したい。

■就活は不安だったが、今回のイベントをきっかけに就職したい企業に出会えた。同じ業種でも、企業ごとの個性・違いを比べられたのは、業界に特化した今回のイベントならではだと思う。

■元々畜産業界を志望しており、特に家畜の飼育をしたかったが、今回のイベントで他にも挑戦したいと思える仕事が見つかった。新しい目標ができ、より一層就職活動を頑張ろうと思えた。

■このイベントをきっかけに知った企業が大多数だったが、各企業ともチャレンジしている姿勢、農業の新しいカタチを作ろうという姿勢が見られ、農業界を変えていく企業が多く出展していると思った。自分もそんな企業でチャレンジしたいから、刺激になった。

■HPで情報を見て気になっていた企業が出展するから参加した。実際に社員と話して、その人柄や熱意に直接触れることが出来て志望度が増した。



【参加企業の声(一部抜粋)】

■参加学生の母数が多い反面、熱意にばらつきが出てしまうかなとも心配していたが、熱意が高い学生ばかりで、話のしがいがあった。例年、このセミナーで出会った学生が最終的に入社することが多いので、今年も本当に期待できそうで嬉しい。

■学生が農系学部、もしくは農業に興味のある子ばかりで説明しやすかった。いつも地元の農系の学校ではない大学の学内説明会に行くが、そういった層とはかなり違うと感じた。

 dsc 7420

 セミナー当日は衆議院議員 石破茂氏より『50年後の日本の食・農業界について』と題した特別講演も行われ、講演後の質問受付では学生から多数の手が挙がりました。

 dsc 7450

 講演を聞き終えた学生からは「幅広い視野から見た日本の農業について知ることができ、今までと違う考え方を持てるようになった。」「農業の現状・課題がよく分かった。質問にも丁寧に答えていただき、貴重な経験となった。」「就職活動だけではなく、今後の人生に活かしたいと思える講演だった。」など、感銘を受けたという声が多く聞かれました。

このページトップへ
公式外部サイト
2019年卒業予定の方はこちら
Life Lab