石川県
農業める

オフィシャルガイド

scroll
本州の中央部に位置し、南北に長く、日本海に突出した3方海に囲まれた地形です。
年間降水日数が全国一位(2018年)を記録するような、
「弁当忘れても傘忘れるな」といわれる日本海側の気候で、冬は雪が降り日照時間が短い特徴があります。
また、個人の移動手段は自動車が中心です。
公共交通機関ももちろんありますが、
石川県内を自由に回りたい方はあると便利です。
石川県の農地の7割を占めるのは水田で、
その他スイカ、ダイコン、サツマイモなどの生産が盛んです。
また、日本の中央に位置することから多くの作物の北限・南限となっており、
多様な土質も相まって様々な品目の生産が可能です。
金沢市の伝統野菜である「加賀野菜」の栽培や
世界農業遺産に認定された能登の里山里海の伝統的な農法が守られているだけでなく、
県のオリジナルブランド品目の開発や他業種と連携した革新的な農業の推進などにも取り組んでいるのが魅力です。

石川県では就農を目指す
皆様の現状に合わせた
就農プログラムを選べます!

1

石川県での就農情報を集めたい

移住就農
オンラインセミナー

オンラインセミナーで石川県の魅力を感じてください

オンラインで石川県の就農の魅力が分かる、就農オンラインセミナーを開催!

石川県の農業に関心のある方、農業を本格的に始めたい方などを対象にした、石川県の就農アドバイザーや先輩移住就農者による、石川県での移住就農の情報発信セミナーです。


石川県の住みやすさや農業の魅力、就農に対する支援など、移住就農に役立つ情報を集めることが出来ます。

アドバイザーからのメッセージ

移住就農後の定着まで、一人一人に寄り添うサポートをします

石川県での新規就農希望者に対して、相談~独立支援まで、石川県の就農アドバイザーが二人三脚で支援いたします。また、石川県には県内7か所に事務所があり、そこで各地域に農業に精通した「地域コーディネーター」を配属し、就農後の皆様の状況を確認いたします。

詳細・申込みページへ
2

石川県の農業の現場を見てみたい

石川県農業法人見学会

バスツアーならではの距離感で農業への理解が深まる

石川の農業に対する理解が深まる日帰りの法人見学

就農アドバイザーと一緒に農業法人を見学し、経営者の話を聞いたり簡単な農作業体験を行ったりします。個性あふれる石川県の農業法人と出会いや農業現場を見ることにより、石川県への移住就農イメージを具現化できるイベントです。


金沢駅発着の日帰りツアーのため、学生~社会人まで土日休みを利用して気軽に参加可能です。

バスツアーをきっかけに農業が人生の一部へ

就農ストーリー

Mさん 東京都出身

バスツアーをきかっけに、「農業」を仕事にする選択肢が生まれました

東京で建設関係の職人をしています。東日本大震災を東京で経験したことをきっかけに、将来は実家のある石川県へ戻り、実家や周辺地域を守っていきたい、と考えるようになりました。そんな中、バスツアーに参加し石川県で活躍する農家の楽しそうな姿を見たり、アドバイザーの皆さんと移住就農の相談をしたりする中で、仕事の選択肢の一つとして農業を意識するようになりました。その後短期インターンシップへの参加、県の研修施設の見学などをさせていただき、1年後に就農を目指すいしかわ耕稼塾本科へ入塾することになりました。

就農までの道

情報収集→農業法人見学会→農業短期研修→耕稼塾本科入塾

詳細・申込みページへ
3

移住就農を体験したい

農業インターンシップ
研修(短期・長期)

本物の農業はインターンシップでわかる

1週間~最大9ヵ月の移住就農体験を通して「職業としての農業」を体験

県内での移住就農を検討されている方に、1週間程度の短期農業インターンシップ研修をおすすめしております。地域や栽培品目の異なる多様な農家で研修を受けることが出来、職業として農業を選択できるか、自身のしたい農業は何かを考えるきっかけになるはずです。仕事としての農業を体験したい、農業法人の就職を検討している方は特に歓迎いたします。


移住希望地域や生活手段(家・車)などの計画が具現化し、移住就農を本格的に検討される方には、最大9ヵ月程度の長期農業インターンシップ研修をおすすめします。就職希望先や知識・技術を学びたい農業法人のもとでの就業体験や、地域になじむための支援を受けることが出来、研修終了後は農業法人への就職が出来、将来的には石川県での独立就農を目指すことも可能です。

インターンシップで人と人との絆も深まる

就農ストーリー

吉村政剛さん 兵庫県出身

石川での農業体験がきかっけで、就農までの道が決まりました

果物専門店の組合での活動を通して農家と関わりを持ち、農業の魅力に引き寄せられました。就農アドバイザーとの初回面談時に何を作りたいかを聞かれ、具体的な作物は決まっていなかったのですが高エネルギーの作物を生産したいと答えました。その後農業短期研修を水稲と加工用ぶどう園で行い、果物を選択。農業短期研修後はワイン醸造用のぶどう栽培を手掛ける(有)北海道ワイン能登ヴィンヤードでの9ヶ月間の農業インターンシップを経て、同社に入社しました。

就農までの道

農業短期研修→移住→農業インターンシップ(9ヶ月)→就農(法人就職)

詳細・申込みページへ
4

石川県の農業法人に就職したい

就業マッチングフェア

自分にマッチする就農先が見つかる

石川県内農業法人の採用担当者と直接相談!法人就農希望者向け合同企業説明会

県内各地から農業法人が相談ブースを設置し、採用担当者と求職希望者が直接対話できます。先輩就農者や法人の代表による特別講演会や、就農アドバイザーによる就農全般の相談受付など、これから農業に興味のある方が気軽に参加できるイベントです。1日で複数の会社の社風の比較検討、雇用側が求める人物像の把握が出来るため、農業法人への就職のきっかけづくりとしてご活用ください。

農業法人が集まる合同企業説明会

参加者の声

  • 一日で色々な法人を比較・検討出来て良かった
  • 会社の農業インターンシップに誘ってもらえました
  • マッチングフェアで出会った法人への就職が決まりました
  • 将来の夢の選択肢が広まりました
  • 農業に絞った説明会を求めていたので、来て良かったです
  • それぞれの職場での様子など、普段はあまり知れない農業の話を聞けて勉強になりました
詳細・申込みページへ
5

農業技術・知識の習得のための研修を受けたい

いしかわ耕稼塾

独立・就農を目指すなら現地に住んで農業体験

新規就農で独立や法人就農を目指す方必見!1年間の研修で栽培・経営の基礎を習得

石川県内での就農を決意している新規就農希望者が、1年間で就農に必要な知識・技術を座学・実習を通して基礎から学べる石川県独自の研修制度です。研修は、予科・本科・専科と分かれており、自身の就農準備段階に応じて選択することが可能です。研修終了後は、ステップアップした研修を受けたり、独立就農や法人就農したりするなど、自身に合った道を選ぶことが出来ます。独立就農や法人就農後もさらに技術や知識を高めたい方向けに、働きながら通える実践科も用意しています。


また、農業法人の中堅社員や社長などを対象としたマネジメント・経営力アップのコースもあり、新規就農者~プロ農業者まで幅広く支援しています。

就農後の財産が得られる耕稼塾

就農ストーリー

天光浩昭さん 石川県出身

今後の財産となる人とのつながりを得られたことが有意義でした

就農を考え始めた頃から、時折、友人の田畑で農作業を手伝っていたのですが、一度しっかりと学んだ方がいいと助言され耕稼塾本科に通いました。技術やノウハウだけでなく、講師や県農林事務所の職員、塾OBの農家など、今後の財産となる人とのつながりを得られたことが有意義でした。まずは生産者として実力を付け、しっかりといいものを作るのが第一だと思っています。

就農までの道

情報収集・農作業の手伝い→耕稼塾本科→就農(自立就農)

詳細・申込みページへ