クイックサーチ

[2019新卒]
―食といのちの未来をひらく―
食や動物に関わる食品・飼料メーカーです。

日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)

キープリストに追加
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)
  • -----------------------------------------------------------------
    2019年新卒採用のエントリーの受付は終了致しました。
    -----------------------------------------------------------------
  • 【会社の事業紹介】
    ―食といのちの未来をひらく―
    この企業メッセージには、「人々に安全安心な食生活を届けたい」という熱い思いが込められています。
    私たちは1931年の創業以来、食品・飼料業界のリーディングカンパニーとして走り続けてきました。
    「ヨード卵・光」をはじめとする革新的製品及び配合飼料製造技術で、人々の食生活はもちろん、鶏・豚・牛(家畜)、養殖魚やペットの食生活も豊かにしてきたと自負しています。
  • 今、食品・飼料業界は、業界再編等様々な問題により、激動の時代を迎えています。しかしそれは、見方を変えれば最大のチャンスかもしれません。
    そんな激動期だからこそ、自ら学んで挑戦する気持ちや、常識に囚われない柔軟な発想力を持った若い力が必要です。
    「食といのち」というテーマのもと、一緒に戦ってくれる仲間を募集します!
  • 【日本人の食文化を飼料から支える】
    私たち日本農産工業は、三菱商事グループの一員として日本人の食生活を支えています。日本人の食肉文化は戦後から急速に伸び、1960年には1人の年間食肉(鶏・豚・牛肉)消費量が3.5㎏だったのが、2013年には年間消費量が30㎏にまで伸びています。
    一方で、日本の魚介類の消費量は、2001年を頭打ちに近年減少していますが、世界的には空前の魚肉ブームとなっており、天然魚の多くの種類で絶滅が危惧されています。そういった時代背景の中、2013年には、遂に世界の漁獲量に対して養殖魚の養殖量が上回りました。
    私たち日本農産工業では、今後ますます需要が増えていくことが予想される、食肉や養殖魚の分野において、飼料という分野から貢献していきたいと考えています。
  • 【先輩社員からのメッセージ】
    ◎出身校/専攻
    東京農工大学大学院農学府 物質循環環境科学専攻
  • ◎現在の担当業務
    豚用飼料の研究開発を担当しています。
    飼料の原料や栄養をどうすれば「豚を健康に育てられるのか」、「お肉をおいしくできるのか」などが主な課題です。一口に研究職と言っても、試験豚舎で豚の世話をしたり、試験用の飼料を何トンも製造したり、農家さんの依頼で飼料の配合設計をしたり、営業マンと一緒に製品説明を行ったりと業務は様々です。近頃は出張も多く、やりがいを持って仕事をしています。
  • ◎入社を決めたきっかけ
    大学時代に所属した農業体験サークルで、農家さんと一緒に稲作などの貴重な体験をする中で農業の奥深さを学び、自分も「食」という全ての人々に必要なものを支える産業に関わる仕事がしたいと思いました。
    農や食に関わる企業を中心に就職活動をする中、社員の方々から「謙虚さと誠実さ」を感じ、入社を決めました。 
  • ◎入社後に感じたギャップ
    新入社員の研修内容に驚きました。
    入社前は名刺交換など、社会人として基本的なことを学んだ後に本配属されるものだと思っていたのですが、実際は入社後すぐに関東や九州にある農場と工場でじっくり現場を学びました。研究所に配属された後、農場にて商品である飼料を使用した経験や、工場で製造した経験が活きていると実感しています。
  • ◎会社の雰囲気
    若手社員にもチャンスがある会社です。
    私の場合、研究所に配属された年に自分の研究課題を与えられました。また、先行事例の無い挑戦的な試験を計画した場合でも、根拠や考えを説明すれば任せてもらえるため、積極性のある人には居心地の良い環境だと思います。
  • ◎今後の目標
    家畜栄養学はまだ未解明な点も多く、飼料設計に絶対的な正解はありません。そのため、経験の深い先輩方も「常に勉強」という意識を持って日々業務に取り組んでいます。そのような先輩方に一人前と認められるような仕事ができるようになりたいです。
    また、近頃は農家さんだけでなく原料メーカーやお肉を取り扱う食品会社の方など、社外の人との交流も増えてきました。こうした人々も巻き込み、業界全体が盛り上がるようなプロジェクトができるようになりたいと思っています。
  • ◎後輩へのメッセージ
    飼料原料はヒトが食べているものからそうでないものまで多種に渡り、新規原料はこれからも増えていくと考えられるため、個人的には非常に面白い業界だと考えています。
    また、当社はペットを含む様々な生き物の飼料を扱っており、食品の部署もあります。決して知名度の高い業界ではありませんが、動物および食や農に少しでも興味のある方であれば必ずやりたいことが見つかる会社だと思いますので、ぜひ入社を考えてみてください!

ココがポイント!

  • ・年間休日120日以上
  • ・新卒3年以内の離職率0%
  • ・アットホームでフランクな職場
事業概要 肉牛 養豚 養鶏 競走馬 漁業・水産業 農林水産関連企業
職種概要 生産 生産管理 技術系(機械・オペレーター) 営業系 販売・サービス系 企画・マーケティング系 事務・管理系(総務・経理・人事等) 研究開発系 その他職種

決め手はココ!

写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の決め手(1)
【三菱商事グループという強み】
日本農産工業では、三菱商事グループ会社という特徴を活かし、配合飼料やペットフードの製造で重要な飼料原料の調達を安定的に確保することに成功しています。
現在世界では、急激な人口増加や異常気象等様々な影響から配合飼料に使われるトウモロコシ等の、原料価格が高騰しています。そのような中当社では、三菱商事という総合商社の原料調達力を活かし、世界各国から安全・安価な原料を優先的に調達することができます。そして原料調達を確実に行うことにより、安定した品質・価格でお客様に製品をお届けすることができています。
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の決め手(2)
【幅広い事業分野が自慢】
食や動物に関わる多種多様な事業を経験できます。
▼食品事業
「ヨード卵・光」を代表とする商品開発・販売
▼畜産飼料事業
家畜飼料の開発・製造・販売
▼水産飼料事業
養殖魚飼料の開発・製造・販売
▼ライフテック事業
競走馬やペットフードの製品開発・販売 など

このように事業によってBtoC製品やBtoB製品に携わることが可能です。
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の決め手(3)
【パートナー(動物)との共生】
ライフテック事業では、犬や猫といった、私たち現代人の家族といっても過言ではない動物たちの健康を、ペットフードを通して守ります。また馬用飼料では、馬用配合飼料販売量NO.1という高いシェアを維持しています。当社では、飼料やペットフードの研究開発・販売を通して、そうした動物(パートナー)たちの健康をサポートし、人間と動物のより豊かな生活を実現します。
  • キープリストに追加

募集情報

雇用形態 正社員(2019年新卒)〔採用予定人数:10~15名〕
仕事内容 [2019新卒]総合職(研究開発、品質管理、営業・マーケティング、工場管理、管理・企画など)

《詳細》
総合職採用 ※職種別採用は行っておりません。

■営業・マーケティング
・畜水産配合飼料、ヨード卵・光およびその加工食品、ペットフード関連の販売を行います。
・お客様の声を研究開発や製造の現場にフィードバックし、より良い製品づくりに役立てるのも営業の役割です。
・食品事業では、マーケティング・広報専門チームが提案や新商品のヒントとなるニーズ調査等を行っています。

■企画・管理
・経営企画、総務、法務・人事、経理、広報、情報処理(社内システム)など会社の運営を担う管理部門の仕事です。
・社内外の広報活動の管理運営(会社HPの管理運営や、商標や特許といった知的財産の管理等)を行っています。
・本社に本部となる部署があるほか、各支店や技術センターでも人員管理や経理等の業務を行っています。

■研究開発
・研究データ蓄積:家畜や魚を飼育して試験を実施します。学会等にも出席し、開発のヒントを探します。
・営業同行:営業担当とともにお客様を訪問し、提案・サポートを行います。今後の開発に役立てます。
・製品開発:最新のデータを基に配合や原料に工夫をこらし、お客様のニーズに合った新製品を開発します。
・社内教育:家畜伝性病対策の社内マニュアルの作成、疾病に関する情報発信、社内向けに新製品の説明会や勉強会を開催します。

■品質管理
・検査:飼料やヨード卵・光の卵質検査等を実施します。微生物検査、遺伝子検査、生化学検査等も実施しています。
・分析:飼料原料や製品の成分値を測定します。同じ原料でも、産地等によって成分値が変化するため、最新のデータで配合設計を行えるよう分析を行い、成分登録値をアップデートする、重要な役割を担っています。

■工場管理
・設備管理:滞りなく工場を稼動させるため、工場設備のメンテナンスを実施し、トラブルのない製造体制を構築します。また、長期的な目線で設備の更新等の計画を立て、進行する能力が求められます。
・生産管理:大規模な飼料生産工場のラインは、ほぼすべてコンピューターによって制御されています。高品質の飼料を製造するため、配合試算・原料調達・在庫管理・品質管理などの多岐に渡る仕事があります。

≪入社後の流れ≫
本社で簡単な研修を行った後、研究所研修、グループ会社での養鶏場・養豚場実地研修を約2ヶ月半かけて行います。
その後は、飼料工場での研修を半年~1年ほど行い、それぞれの事業部へ配属となります。
最終的な本配属地は、本人の希望と適性を見て決定します。
期間 雇用期間の定めなし
給与 2017年4月実績
【大学院卒】  月給:218,300円 
【大卒】    月給:207,300円

※昇給・賞与あり
試用期間:2ヶ月(試用期間中の給与は同額)
待遇 ・社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)
・昇給あり(年1回)
・賞与あり(年3回)
・時間外手当あり
・住宅手当あり
・資格手当あり
・通勤手当あり
・役職手当あり
・家族手当あり
・旅費交通費支給
・育産休暇制度あり
・介護休暇制度あり など
資格・経験

【応募対象】
・学部・学科・農業経験は一切問いません
・2019年3月に大学院、大学を卒業予定の方

【免許】
普通自動車免許(オートマ限定可)
※入社までに取得して下されば結構です。

【求める人物像】
「食といのちの未来をひらく」
この言葉は私たち、日本農産工業の企業メッセージです。
この企業メッセージに共感し、食のフィールドで活躍したいという熱意のある方を広く募集します。
勤務時間 8:30~17:30(実働8時間)
※所定時間外労働あり
休日・休暇 ・完全週休2日制
・年間休日120日以上
・3日以上の連休取得可能
・夏季休暇あり
・冬季休暇あり
・有給休暇あり
勤務地 ■本社
神奈川県横浜市西区みなとみらい ランドマークタワー

■研究所
茨城県つくば市(畜産技術センター)
静岡県 袋井市(水産技術センター)

■支店・営業所・オフィス
北海道、青森県、宮城県、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、岡山県、愛媛県、福岡県、鹿児島県

■自社工場
宮城県、愛知県、岡山県、鹿児島県

地図の開閉 地図の印刷用ページを開く

寮・社宅 借り上げ社宅完備
☆住宅手当あり
採用実績人数<過去3年間の新卒採用者数>
2015年:6名
2016年:14名
2017年:13名

<過去3年間の新卒離職者数>
2015年:0名
2016年:0名
2017年:0名
採用実績校麻布大学 、 岩手大学 、 宇都宮大学 、 岡山大学 、 帯広畜産大学 、 鹿児島大学 、 北里大学 、 九州大学 、 岐阜大学 、 静岡大学 、 島根大学 、 信州大学 、 水産大学校 、 筑波大学 、 東海大学 、 東京海洋大学 、 東京農工大学 、 東京理科大学 、 東北大学 、 新潟大学 、 日本大学 、 日本獣医生命科学大学 、 弘前大学 、 広島大学 、 香川大学 、 三重大学 、 山口大学 、 滋賀県立大学 、 城西大学 、 神戸大学 、 成蹊大学 、 鳥取大学 、 電気通信大学 、 東京大学 、 東邦大学 、 北海道大学 、 明治大学 、 立教大学 、 琉球大学 、 宮崎大学 、 京都工芸繊維大学 、 京都大学 、 茨城大学 、 横浜国立大学 、 大阪市立大学、青山学院大学 、 麻布大学 、 亜細亜大学 、 茨城大学 、 宇都宮大学 、 大阪産業大学 、 岡山大学 、 帯広畜産大学 、 香川大学 、 神奈川大学 、 神奈川工科大学 、 鹿児島大学 、 関西大学 、 北里大学 、 京都大学 、 京都産業大学 、 京都工芸繊維大学 、 近畿大学 、 倉敷芸術科学大学 、 慶應義塾大学 、 神戸大学 、 国学院大学 、 国際基督教大学 、 駒澤大学 、 甲南大学 、 埼玉大学 、 信州大学 、 水産大学校 、 成蹊大学 、 高崎経済大学 、 拓殖大学 、 玉川大学 、 千葉工業大学 、 中央大学 、 中京大学 、 中部大学 、 東京大学 、 東海大学 、 東京海洋大学 、 東京経済大学 、 東京農業大学 、 東京農工大学 、 東北大学 、 東洋大学 、 鳥取大学 、 同志社大学 、 長崎大学 、 名古屋大学 、 新潟大学 、 日本大学 、 日本獣医生命科学大学 、 広島大学 、 福岡大学 、 法政大学 、 北海道大学 、 三重大学 、 宮崎大学 、 明治大学 、 明治学院大学 、 山口大学 、 横浜国立大学 、 酪農学園大学 、 立教大学 、 立命館大学 、 琉球大学 、 龍谷大学 、 早稲田大学 、 朝日大学 、 横浜市立大学 、 湘南工科大学 、 首都大学東京 、 関西学院大学 、ウィスコンシン大学 など
  • キープリストに追加
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の募集情報(1)
【ここがナンバーワン!】
食品・飼料メーカーは数あれど、畜産飼料から馬用飼料、ペットフード果ては昆虫(養蚕用)飼料まで幅広い製品群をもっており、製品群の多さでは業界ナンバーワンだと考えています。
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の募集情報(2)
【有給休暇取得を促進】
完全週休2日制を導入しているため、従業員はまとまった休みを利用して、様々な趣味やイベント活動を行っています。
また従業員のワークライフバランスを考えるため、有給休暇取得を促進しています。子供のいる従業員等、多様な事情・希望を持つ従業員に、フレキシブルに対応できるよう当社では、1時間単位で取得することができる有給休暇制度を導入しています。
写真:日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)の募集情報(3)
【アットホームでフランクな職場】
当社は今年で87年目を迎える日本有数の配合飼料メーカーの一つですが、老舗だからといって、若手だから仕事が任せてもらえないことや、意見が言えないといったことはありません。理論的に自分の意見や提案を説明できれば、上司や先輩は話を聞いてくれます。そのため多くの先輩社員は、アットホームでフランクな会社だとよく話しています。

企業情報

企業名 日本農産工業株式会社(三菱商事グループ)
事業内容 ◎畜産飼料事業:鶏、豚および牛用飼料の製造・販売
◎水産飼料事業:魚用飼料の製造・販売
◎食品事業:ヨード卵、鶏卵の生産・販売、ヨード卵関連商品の販売
◎ライフテック事業:ペットフード、馬用飼料の製造・販売

[HP]http://www.nosan.co.jp/index.htm
設立年月 1931年8月6日
資本金 74億円
所在地郵便番号 〒220-8146
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらいランドマークタワー46階
代表者名 山﨑 裕史(ヤマザキ ヒロフミ)
従業員数 男性385名、女性55名

応募方法について

応募方法 「エントリーする」ボタンよりエントリーをお願いします。

※説明会もエントリーボタンからお申込みください。
説明会情報【東京】
3月23日、4月13日

【横浜】
3月8日、3月20日、4月6日、4月26日

【大阪】
3月12日、3月13日、4月19日、4月20日

【名古屋】
4月16日

【福岡】
3月26日

※参加希望の方は、その旨をご入力の上エントリーボタンよりお申し込み下さい。
担当より別途情報登録のお願いをお送りします。
採用までのプロセス エントリー

担当より連絡(別途、情報登録のお願いをお送りします)
※携帯アドレスの方はPCメールが受信できるようにしておいて下さい。また、電話の場合、すぐに出られない可能性がある方は留守番電話の設定をお願いします。

エントリーシート提出(書類選考)

適性検査+面接(3回)

内定
企業担当者名 田中
企業TEL 「エントリーする」ボタンよりご応募ください。
掲載期間 2019/03/31まで ※掲載期間はあくまで目安となります。状況によって早期に終了する場合もございますのでご注意ください。
  • キープリストに追加

この求人に近い求人

左ボタン 右ボタン

この求人を見た人は、こんな求人も見ています

左ボタン 右ボタン
このページトップへ
公式外部サイト
2019年卒業予定の方はこちら
2020年卒業予定の方はこちら
Life Lab