クイックサーチ

[2019新卒]
生産から加工・直営スーパーでの販売を手掛ける一貫経営体制。
温暖な気候の農場で、お客様に愛される美味しい牛肉づくりに携わりませんか?

株式会社なかやま牧場

キープリストに追加
写真:株式会社なかやま牧場
  • 【私たちの事業紹介】
    なかやま牧場は、牛肉が高級品で気軽に食べることの出来なかった時代に、
    「美味しくて栄養価の高い牛肉をみんなに気軽に食べてもらいたい」
    という一心で始まった会社です。
    気軽に食べてもらえるよう牛肉の低価格化を実現するため、自社で生産から加工・販売まで手掛ける一貫経営体制を行いコストを削減。
    安心して食べてもらえるようにトレーサビリティもいち早く導入。
    美味しい牛肉の開発のため、トウモロコシの割合が6割以上と一般的な相場を大きく上回る飼料を与え、脂が溶けやすく甘みのある牛肉を作りました。
  • 2002年に商標登録を行ったなかやま牧場オリジナルブランド「なかやま牛」に加え、現在はさらに健康を重視。亜麻仁油を使った飼料に挑戦し、栄養やおいしさを改良した「亜麻仁の恵み」という新たな牛肉を共同開発致しました。
    今までも、これからもなかやま牧場はお客様に愛される牛肉を目指し挑戦と努力を続けていきます。
  • 【私たちの取り組み】
    繁殖・哺育部門の強化と農場全体の肥育状況のデータ分析(IoT化)に取り組んでいます。畜産業界全体の問題点を踏まえ、将来的な仔牛の確保とお店への牛肉の供給に加えて、肉質の異なる牛たちでも味のぶれない「なかやま牛」を作るために行っています。
    特にIoT化に関しては、数年前よりアプリケーションソフトを導入。「飼料給与量」「治療歴」「個体情報」を一元管理し、過去の出荷データなどの様々な情報をまとめ、生産性の向上に繋げています。難しそうに聞こえるかもしれませんが、普段の肥育の内容を細かくデータをとっておくことで、その牛の評価結果が出た時に何が良かったのか・何が悪かったのかを見直すことが可能です。新入社員でも、良かったところを取り入れられるようにすることで、社員みんなが、一定の品質とぶれない味の「なかやま牛」を作れるような仕組みとなっています。
  • 【代表メッセージ】
    和牛ブランドは、「神戸牛」や「松坂牛」のように生産地を表すのが一般的ですが、生産者の名前をつけた「なかやま牛」は、牛が大好きな牛飼いであり創業者の中山伯男が、牛への愛情を突き詰めることによって生まれた肥育方法で育てられた牛です。中山自身、注射を打ったり薬を飲んだりするのが好きでない人で、肉質や脂に影響しやすい飼料は「自分でも食べられるものをあげる」ということにこだわっていました。牛肉を食べたらみんな思わず笑顔になってしまうでしょう。牛肉にはそういう力がありますから、なおさら脂の質が良いものを食べてほしいと思っています。
    私たちは器用な会社ではないのですが、真面目にコツコツと取り組みながら、家族にも胸を張って食べさせられる安心なものをこれからも作っていきます。

ココがポイント!

  • ・寮完備/年間休日105日!
  • ・選考中に農場体験あり
  • ・規模拡大の為、15名採用予定
事業概要 肉牛 農林水産関連企業
職種概要 生産

決め手はココ!

写真:株式会社なかやま牧場の決め手(1)
【特徴・優位性】
広島県と岡山県に農場を3つ所有しています。その内の1つ「加茂農場」は広島県福山市市街地より車で30分程の山間にあり、肥育頭数6,000頭と繁殖から肥育、出荷までを行う当社最大規模の農場です!
また、当農場では現在男性48名・女性7名、20代~60代まで幅広い方が勤務しており、そのうちの半数近くが20代と、若い方を中心に新卒入社や中途入社など様々な方が活躍中しています。
瀬戸内海の温暖な気候の中で、社長の「やりたいことはやってみよう」の言葉のもと、様々な事に挑戦する気持ちを後押ししてくれる環境で働きませんか?ご応募を楽しみにお待ちしております。
写真:株式会社なかやま牧場の決め手(2)
【仕事をする上でのこだわり】
農場では月に一回勉強会を行います。
また、飼育データを元に病気や下痢などの発生率を分析。何が原因かを皆で考えることで、より丈夫で元気な牛を育てていきます。畜産の仕事に正解はまだありません、それでも出来る限り丈夫で元気な牛を育てていくことを目標に、改善を続けていきます。
写真:株式会社なかやま牧場の決め手(3)
【採用担当からのコメント】
なかやま牧場は毎年新入社員を8名前後迎えていますが、社員の約7割が入社して初めて牛に触りました。畜産経験者はもちろんですが、未経験で入社し活躍している先輩社員もたくさんいるので、今まで牛に触ったことがない方も安心してください。
新卒採用の場合は、内定を出す前に農場体験を行っている為、自分にこの仕事が向いているかを確認できますよ。
今後はさらに農場の規模を拡大していき、現在所有している3つの農場の仕事の再分担を行う予定のため、今年は例年にない大人数の募集を行います。
牛が好きな方、体を動かす仕事がしたい方、食べ物を作るということを仕事にしたい方、私達と一緒になかやま牛を作っていきましょう。
エントリーする
  • キープリストに追加

募集情報

雇用形態 正社員(2019年新卒)〔採用予定人数:15名〕
仕事内容 [2019新卒]大規模牧場スタッフ/肉用牛の育成業務

《配属先》
牛肉事業本部 生産部門 畜産課(牧場スタッフ)
期間 雇用期間の定めなし
給与 初年度実績
大学院卒  :218,900円(固定残業代43,780円/34.5時間分含む)
大学卒   :215,600円(固定残業代43,120円/34.5時間分含む)
短大・専門卒:189,200円(固定残業代37,840円/34.5時間分含む)

※残業が34.5時間を超えた場合は時間外手当別途支給
※日給月給制
※昇給・賞与あり
試用期間:3ヶ月(試用期間中の給与は同額)
待遇 ・社会保険完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)
・昇給あり(年1回)
・賞与あり(年2回)
・時間外手当あり
・住宅手当あり(寮・社宅以外の方対象)
・通勤手当あり(上限20,000円/月)
・退職金制度あり(勤続3年以上の方対象)
・育産休暇制度あり
・介護休暇制度あり
資格・経験

【応募対象】
・学部・学科・農業経験は一切問いません
・2019年3月に大学院、大学、短大、専門学校、農業大学校を卒業予定の方

【免許】
普通自動車免許(オートマ限定可)
※入社までに取得して下されば結構です。
※マニュアル免許だと尚良し

【求める人物像】
・生き物が好きな方(特に牛に興味がある方) 
・体を動かすのが好きで明るく元気に取り組める方
・一つ一つの仕事にきちんと取り組める方   
・新しいことに挑戦したい方
勤務時間 [目安]7:30~17:00(実働8時間程度)
※畜産農業のため天候・季節・状況に応じて変動あり(上記所定時間外労働あり)
※時間外手当あり

《一日のスケジュール例》
7:30~10:00 朝礼、ミルクやり、乾草やり、飼料やり
10:00~12:00 牛舎清掃、消毒、糞出し、工事作業等(日や担当部署により変動)
12:00~13:00 昼休憩(他、午前と午後に15分ずつ休憩)
13:00~15:00 仔牛導入、おが入れ、乾草切り、移動、工事作業等(日や担当部署により変動)
15:00~17:00 ミルクやり、乾草やり、飼料やり
休日・休暇 ・年間休日105日(6連勤2連休+調整休のシフト制)
・シフトの2連休に調整休を合わせ、3連休を取得する事も可能です
勤務地 直営農場:加茂農場(広島県福山市加茂町北山4369-1)

地図の開閉 地図の印刷用ページを開く

寮・社宅 ≪寮・社宅完備≫
アパートタイプ(個室):バス・トイレ・キッチン、ベッド、冷暖房器具完備
・費用:16,000円/月~21,000円/月

※寮、借上げ住宅ともに利用できなかった場合は住宅手当あり(社内規定による)
採用実績人数<過去3年間の新卒採用者数>
2015年:6名
2016年:6名
2017年:9名
2018年:9名入社予定

<過去3年間の新卒離職者数>
2015年:2名
2016年:0名
2017年:0名
採用実績校東京農業大学、東海大学、帯広畜産大学、酪農学園大学、広島大学、岡山大学、福山大学、岡山理科大学、倉敷芸術科学大学 など
エントリーする
  • キープリストに追加
写真:株式会社なかやま牧場の募集情報(1)
【入社後の仕事の流れ】
畜産課は繁殖・哺育・育成・肥育の各部門に分かれており、研修期間を過ごした後、適性に応じて配属先が決定されます。
最初は先輩社員に同行して作業を行い、徐々に独り立ちして仕事に取り組んでいただきます。畜産の知識がない方へも丁寧に教えていきますので、沢山質問してくださいね。
写真:株式会社なかやま牧場の募集情報(2)
【先輩社員からのメッセージ】
◎担当業務:牛の飼育
私は牛肉を生産する立場なので出荷してからが気になるところです。一貫経営の為、肉になるまで、そしてそれが店に並ぶところまで見られるのが最大の特徴だと思います。実際に店頭に並んでいるお肉をお客様が手に取ってご購入して下さる姿を見て、「次にまた買ってもらえるようなもっと良い肉を作ろう。頑張ろう!」という気持ちになります。

◎休日の過ごし方
2015年に結婚して翌年子供が産まれ、最近では子供の世話などをしています。結婚する前はドライブや旅行をしたり、先輩や後輩と飲みに行ったりしていました。今も昔も変わらず車が好きで、自分の車をカスタムしたり整備をしています。他には、自分が出荷した牛が枝肉になって工場に来るのを見に行くのも楽しみの一つです。
写真:株式会社なかやま牧場の募集情報(3)
【メディア取材歴あり】
2016.6.30/中国新聞
「地場企業 肉牛 肥育から販売まで」
2017.1.4/中国新聞
「未来を切り開く 畜産×クラウド」
2017.6.15/NHK広島 おこのみワイド
「農業にIT導入の動き」
2017.7.4/ 食肉通信
「和牛の繁殖にも注力」他
また、2016.4.10に開催されたG7外相会合レセプションにおいてなかやま牛が提供されました。

企業情報

企業名 株式会社なかやま牧場
事業内容 畜産業・食肉加工業・小売業

[HP]http://www.nakayama-farm.jp/

【経営データ】
飼養頭数:9,000頭
総敷地面積:138,717㎡

【主要取引先】
株式会社ニチレイ、株式会社フジ、コープCSネット 他
設立年月 1970年11月
資本金 5,000万円
所在地郵便番号 〒720-2413
所在地 広島県福山市駅家町法成寺1575-16
代表者名 増成 幸子(マスナリ サチコ)
従業員数 男性223名、女性85名(畜産課:男性62名、女性12名 計74名)

応募方法について

応募方法 「エントリーする」ボタンよりエントリーをお願いします。

※説明会・体験・見学もエントリーボタンからお申込みください。
説明会情報本社(広島県福山市)にて随時開催中です。
(詳細はお問い合わせください)

◎エントリー方法
第一次産業ネット新卒よりエントリー頂いた方に、
担当より別途エントリー方法について連絡いたします。
採用までのプロセス エントリー

担当より連絡(WEB選考あり)
※携帯アドレスの方はPCメールが受信できるようにしておいて下さい。また、電話の場合、すぐに出られない可能性がある方は留守番電話の設定をお願いします。

写真付履歴書(・職務経歴書あれば)の提出(書類選考)

会社説明・一次選考

二次選考

最終選考

内定

※選考途中に農場体験(1日)あり。
筆記試験(一般常識・適性検査)、面接、作文(郵送にて提出)を実施します。
遠方にお住まいの方は短期選考を行いますのでご相談ください。
企業担当者名 獅々見(シシミ)、香川
企業TEL 「エントリーする」ボタンよりご応募ください。
掲載期間 2019/03/31まで ※掲載期間はあくまで目安となります。状況によって早期に終了する場合もございますのでご注意ください。
エントリーする
  • キープリストに追加

この求人に近い求人

左ボタン 右ボタン

この求人を見た人は、こんな求人も見ています

左ボタン 右ボタン
このページトップへ
公式外部サイト
2019年卒業予定の方はこちら
2020年卒業予定の方はこちら
Life Lab