農業・アグリビジネス業界の業界研究

4.農業に関するよくあるQ&A

皆様こんにちは。第一次産業ネット新卒2019 運営事務局です。
今回は、農業・アグリビジネス業界へ就職を目指す学生さんからよく頂く質問をまとめてみました。
今まで疑問に感じていたことについての、解決の糸口となればと思います。
農業にはどんな仕事がありますか?
農業界の企業は、主に 【1】農産物の生産を行う企業【2】アグリビジネスを行う農系企業、の2種に分類できます。

【1】農産物の生産を行う企業は、畑やハウスなどで作物を育てる仕事や、動物の世話をする畜産の仕事などがあります。

【2】アグリビジネスを行う農系企業は、商社・種苗メーカー・農機メーカー・種畜メーカー・飼料メーカー・農業ITシステムメーカー・農産品物流企業・JAグループ…など多岐に渡ります。

まずは自分がどんな業種に興味があり、働いてみたいのかを考えることから始めるとよいでしょう。
農業学校以外の新卒でも農業界で就職出来ますか?
第一次産業ネットで新卒を募集している全ての企業で、農業の経験・知識は一切不問です。
農業界でも新卒採用を行う企業が年々増え、研修体制なども整ってきています。
ぜひチャレンジしてみてください。
農業は女性にもできますか?
農業、特に生産を行う企業では、少なからず体力のいる仕事がほとんどですが、もちろん女性にも出来る仕事です。
酪農や畜産など動物を相手にする仕事は、女性ならではのきめ細かい心配りが重宝されるケースも多くあります。
また、花卉栽培などでは女性の感性が活かされることもあります。
最近では、農業界でも女性管理職が増えてきており、農業が男の仕事だという考え方は、実際の現場ではほとんどないと言えるでしょう。
農業に休みはありますか?
定休日が決まっているところもあれば、牧場のように生き物の世話をしているため、シフト制で休みを設定しているところもあります。
最近では、機械化や農業クラウド化が進み業務が効率化され、休日も取得しやすい傾向にあります。
ただ、天候や収穫期などの繁忙期に応じて勤務時間が変わる場合もあるので、注意しておく必要があります。
アグリビジネスを行う農系企業の中には、土日休みなど休日が決まっている企業もあります。
農業を仕事にして生活していけますか?
企業に雇用されて働く場合は、月々お給料をもらうことになりますので、安定した収入を得ることができます。
最近では、年1〜2回賞与を支給したり、随時昇給を行う企業も増えています。
また、田舎で生活する場合は、生活費も少ないので十分暮らしていくことが可能です。

シェアする