食と農業

意外と知らない
有機栽培と
無農薬栽培の違い

安全な農作物の基準とは何か?
食の安全は知識から

そもそも、有機栽培
(オーガニック)とは何?

有機野菜にオーガニックコーヒーに…「有機」「オーガニック」「無農薬」などとついた商品が、多く販売されています。しかし、これらの違いはご存知でしょうか?安全性の高いものだということはおわかりだと思いますが、どのように生産されたものなのか、「有機栽培」と「無農薬」ではどちらが安全なのか、意外と知らない人が多いです。「なんとなく安全そう…」と商品を選んではいませんか?言葉の意味を知って、本当に安全なものを選んでいただきたいです。

01有機栽培

有機栽培イメージ

有機栽培(有機農業)とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。簡単に言うと、「化学肥料や農薬、遺伝子組換え技術を使わない、環境にやさしい栽培方法」と言えるでしょう。有機野菜と聞くと、「安全で美味しい野菜」をイメージする人も多いかもしれませんが、それだけでなく、自然の力を生かした環境にやさしい方法により生産されています。

有機栽培は土づくりから

有機栽培は、たい肥などで土づくりを行うことから始まります。化学肥料や農薬を使用せず、2年以上経過した健康な土で栽培を行います。 有機栽培を行い「有機農産物」として認められるには、国で定められた基準(有機JAS規格)を満たさなければいけません。土づくりだけでなく生産過程に多くのルールがあり、それを守り、認められて、初めて「有機農産物」と呼べることになるのです。 近年は、「有機」という表示を多く目にするかと思いますが、明確な基準があり、それに基づいて生産していることを示す証なのです。

図解:有機栽培の仕組みイラスト
図解:有機栽培の仕組みイラスト

JAS規格とは?

JASマーク

「有機農産物」として出荷・販売するには、JAS規格による検査に合格する必要があります。JAS規格とは、農林水産大臣が制定した「日本農林規格」のことで、品位・成分・性質など品質に関係する基準、生産方法に関する基準が定められています。このJAS規格を満たし、検査に合格すると、「有機JASマーク」を付けることができるようになります。「有機JASマーク」がなければ「有機〇〇」と表示できません。

JASマーク

02有機栽培と無農薬栽培、
減農薬栽培、自然農法は何が違う!?

畑が広がる場所

「有機栽培」に「無農薬栽培」、「減農薬栽培」、「自然農法」…なんだかわかりにくい感じがするかもしれませんが、それぞれに意味があります。近年は、「オーガニック」という表示もよく見かけるかと思いますが、オーガニックは「有機」と同じです。つまり、有機JAS規格による検査に合格しなければ、「有機」とも「オーガニック」とも表示することはできません。

無農薬栽培

無農薬栽培とは、その名の通り、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法を指します。が、全く農薬を含まない農産物をイメージする人が多いのではないでしょうか。 実際には土壌に農薬が残っていたり、他の畑から飛散してきたりくることも考えられます。農産物に全く農薬を含まないことを示す厳格な基準やそれを認定する機関がないため、誤解を招くことがないように、現在は「無農薬」と表示することが禁止されています。

無農薬栽培への誤解

畑を耕している男性

有機栽培では、化学的に合成された農薬を使用することは禁止されていますが、すべての農薬が禁止されているわけではありません。そのため、「有機栽培よりも無農薬栽培の方が安全」と、誤解している人も多いようです。しかし、有機栽培は農林水産省の認定機関に認められなければいけないのに対し、無農薬栽培は第三者機関が認定しているわけではありません。(厳密には「無農薬」という表示が認められていませんが、)栽培中に農薬不使用の「無農薬」は、完全な無農薬とは限らないのが事実でしょう。

減農薬栽培

減農薬栽培とは、使用する農薬を削減して栽培する方法を言いますが、無農薬栽培と同様、明確な基準や認定機関はありません。どのくらい農薬を減らしているのか(量なのか回数なのか)、農薬使用量を減らしたとしてもその農薬の毒性はどうなのか、曖昧な部分が多いのです。減農薬栽培、そして、先に紹介した無農薬栽培も、安全性の高い農産物を生産しようと、農家の人が努力しているのは事実ですが、その程度については明確ではないのが実情であり、現在は「減農薬」「無農薬」という表示ができないことになっています。

自然農法

天気の良い日の畑

自然農法とは、耕さず(不耕起)、除草せず(不除草)、肥料を与えず(無施肥)、農薬を使用せず(無農薬)に作物を栽培する方法です。自然農法の手法は、実践している人によって少し違っていて、不耕起・不除草の部分は違っている場合もあり、明確な定義があるわけではありません。 自然の中には、虫も生きていますし雑草も生えています。そのような中で、植物は立派に育ち、肥えた土ができています。農薬や肥料を使用しなくても、自然の力で植物は育つのです。そんな、本来自然が持っている力を最大限に生かし、作物を栽培するのが「自然農法」です。 考案者(自然農法の種類)の違いで、栽培方法は少し違っている場合もありますが、自然本来の力、作物自体が持っている力を生かした農法という点では共通しています。

80年以上前から行われている
歴史ある農法

自然農法は、80年以上前から行われている歴史のある農法であり、似ている方法も含めると、その手法は多くあります。よく知られている自然農法の考案者に、木村秋則さんがいますが、世界で初めて農薬も肥料も使わないリンゴ栽培に成功し、話題となりました。この実話が「奇跡のリンゴ」という映画にもなっています。

03農産物の安全性に関する
国際的な基準は?

色とりどりのパプリカ
GAPマーク

近年は、食のグローバル化によって海外からの農産物が溢れています。農林水産省が認定する有機JAS認定により、国内の農産物の安全性は確保できますが、海外の農産物の安全性は確保できているのでしょうか。
また、農薬や化学肥料に頼らず生産した、安全で美味しい農産物は、輸出を目指す際に国際的に評価されるのでしょうか。

GAPマーク

農産物の国際基準「グローバルGAP」

農産物の安全性を認定する、「グローバルGAP」という国際的な基準があります。この認証を受けることで、世界的に安全性が証明されたこととなり、海外への販路拡大も目指せます。

「グローバルGAP」とは?

Good Agricultural Practices(GAP)は、農業生産の環境的、経済的及び社会的な持続性に向けた取組みであり、結果として安全で品質の良い食用及び非食用の農産物をもたらすものです。
(国連食料農業機関(FAO)より)現在の認証件数は、世界118カ国以上・15万件を超えています。
また、グローバルGAPは、農産物の安全性の確保はもちろん、労働の安全や環境保全、生態系の維持を実践すること、これによる、レベルの高い「食の安全と持続可能な生産管理」の実現を目指しています。

グローバルGAP認証の取得
とそのメリット

グローバルGAP認証取得には、第三者が生産現場で行う審査に合格する必要があります。その審査基準は、農産物の安全性に関わるものだけでなく、環境保全や働く人の健康・安全・福祉など多岐に渡ります。多くのチェック項目があり、それをクリアしなければグローバルGAP認証を取得できません。農業法人をはじめとした事業者の、このような安全管理・持続可能性への取組みは、消費者やバイヤー(取引先)にはわかりにくい部分です。グローバルGAP認証取得によって、事業者の取り組みが証明でき、多くのメリットが期待できます。

グローバルGAP認証取得
のメリット

  • 農産物の
    安全性が向上
  • 農産物の
    評価・信頼が
    高まる
  • 販路を拡大
    しやすくなる
    (海外でも認められる)
  • 農業経営の
    質が高まる
農産物輸送イラスト
農産物輸送イラスト

グローバルGAP認証で日本の農産物輸出拡大へ

日本でもグローバルGAP認証が普及してきていますが、欧州地域をはじめ諸外国には劣っているのが実情です。輸出を行っている日本の農場では、海外の大手小売業者にグローバルGAP認証取得を求められるケースも増えています。グローバルGAP認証取得は、農産物輸出において不可欠なものになってくるでしょう。グローバルGAP認証取得の目的は、海外への販路拡大だけではありませんが、より良い農産物を出荷していくことができる手段となることは間違いありません。

東京五輪・パラリンピックで
提供する食材の安全基準

東京オリンピック・パラリンピックの選手村や会場に設置する飲食店などで提供される食材は、国際的に安全性が認められている必要があり、グローバルGAP認証を取得していることが条件となっています。東京オリンピック・パラリンピックで、輸入食材に頼ることなく日本の食材を十分提供し、和食や日本の優れた農産物をPRすべく、多くの農家・農業法人がグローバルGAP認証取得を目指し、現在も取り組んでいます。