就農

農業法人に
就職するには?

農業法人に就職する方法、就活の進め方、
採用までの流れをご紹介

農業法人に就職したい人のための就活の進め方

就農の方法には、農業法人への就職(雇用就農)と独立して農業を始める方法(独立就農)があります。農業法人への就職は、他業種の就職と同様、給与が支払われるため一定の収入が得られるというメリットがあります。独立は、資金や技術が必要になるなど、簡単なことではありませんが、独立しなくても雇用就農で農業を仕事にできます。また、独立を目指す人にとっても、独立前に農業経験が積めるということは、雇用就農の大きなメリットだと言えるでしょう。

  1. STEP1自己分析
  2. STEP2農業について知る
  3. STEP3求人探し・農業法人を知る
  4. STEP4エントリー(応募)
  5. STEP5応募書類の作成・送付
  6. STEP6面接
  7. STEP7内定
  8. STEP8試用期間・採用

01自己分析

農作業中の農家の人たち

「就農したい!」という熱い想いや勢いは大切ですが、それだけでは自分のイメージした就農を実現させることは困難です。就農をする前に自分の考えをまとめ、就農先の仕事が自分のやりたい仕事かどうかを判断することのできる、「評価軸」を持っておくことが就農を成功に導く要素になります。

なぜ農業を仕事にしたい?

  • 土に種をまく手のイラスト本当に農業を
    仕事にしたいのか
  • クエスチョンマークどうして農業が
    したいのか
  • 走る人のイラストどのように
    働きたいのか

これらを明確にし、やりたいことや希望する働き方などを具体化することで、職場選びが行いやすくなります。自分が目指す農業(職場)に出会える可能性も高まるでしょう。 また、面接や履歴書で、志望動機を問われることが多いですが、きちんと自分と向き合うことで、説得力のある志望動機が書けるようになります。

農業への関心は?

「自然の中で仕事がしたい」「自分らしく働きたい」など、農業を仕事にしたい理由はさまざまだと思います。しかし、その関心の深さは人によって違うのが実情です。

情報収集や農業体験により、農業のことをより深く知って、そのうえで自分に合った仕事なのかを考えることも大切でしょう。 農業体験は、実際に「農業を仕事にする」ということが具体的にイメージできるようになるなど、多くのメリットがあります。全くの未経験者よりも、(法人により異なりますが)採用に有利に働く場合もあります。

02農業について知る

稲穂

「野菜をつくりたい」「牧場で動物と働きたい」など、農業への関心を持っていても、実は農業について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。 一言に「農業」と言っても、業種はたくさんありますし、業種の違いで働き方は大きく違います。業界や仕事について詳しく知ることで、就職先のミスマッチを防ぐことにつながります。

農業の種類一覧

農業にはどのような
業種があるのかを知る

農業には、米を育てる「稲作」もあれば、くだものを育てる「果樹」、乳牛を育てる「酪農」など…さまざまな種類があります。また、生産現場以外にも農産物の流通や商品企画、設備や農機の営業などの「アグリビジネス」の仕事もあります。そのため、業種が違えば経営スタイルや働き方も違ってきます。
農業にはどのような業種があり、それぞれにどのような特徴があって、どのような作業があるのか、詳しく調べたうえで自分に合った仕事を選ぶことが大切です。

農業はとても大変な仕事だと知る

「人に喜ばれる仕事がしたい」「やりがいを感じながら働きたい」という理由から、近年、農業への関心が高まっています。 しかし、農業の良いところばかりが注目され、とても楽しい仕事のようなイメージを抱いている人が多いのですが、農業は「暑い」「寒い」「朝が早い」「休みが不定期」なのは当然ですし、体力的にとても厳しい仕事でもあります。数時間の農作業で音を上げる人も少なくありません。 農業の良いところだけでなく、大変な部分にも目を向けて、仕事にすることを考えることが大切です。

  • やりがい・魅力
  • 大変さ・仕事の実態

03求人探し・農業法人を知る

畑を耕すトラクター

実際に自分に合った職場へ応募するため、具体的な求人情報を収集します。 一般的に、ハローワークで求人情報を収集する人が多いかもしれませんが、大まかな概要だけの掲載がほとんどです。 また、農業界の情報開示力はまだまだ低く、詳細な求人情報がなかなか出回らないのが実情です。自分に合った職場を見つけるために、詳細な求人情報が掲載されている農業専門の媒体を利用すると良いでしょう。

就農セミナーや会員サービスを利用する方法も!

農業を仕事にしたい人を対象としたセミナーやイベントに参加することで、就農者の実際の声が聞けたり、就農に関する質問ができるなど、幅広い情報収集ができて農業への理解が深まります。また、求人情報を収集できるコーナーや、求人をしている企業のブースがある場合が多いので、企業研究も可能です。 会員サービスの例を挙げると、農業専門求人サイトの「第一次産業ネット」では、会員登録(無料)を行うことで、就農エージェントに相談することも可能です。また、募集を行っている企業や農家さんからのスカウトメールを受けることもできます。 イベントへの参加や会員サービスの利用によって、自分に合った就農先を二人三脚で見つけることも可能になります。上手に活用すると良いでしょう。

求人情報でチェックすべきポイント

求人情報の中で、給与や待遇ばかりをチェックする人も多いかもしれません。しかし、それだけで自分に合った就農先かどうか、判断することは困難でしょう。 給与や待遇だけでなく、農業法人の雰囲気や生産物へのこだわり、未経験でもきちんと指導してくれるのか、生活環境はどうなのか、といった多くの点をチェックした上で、自分に合った農業法人を選択することが大切です。

農業法人についての情報収集も大切

一般的な就職活動と同様、会社情報を知ることは、自分の志望に合った農業法人なのかを見極めるうえでとても大切です。 近年は、多くの農業法人がホームページを開設していますので、会社についての多くの情報を得ることができるでしょう。

また、第一次産業ネットの求人情報は、募集要項だけでなく、写真や代表からのメッセージ文章、先輩社員の紹介なども掲載しています。募集についてだけでなく、実際の職場の雰囲気や仕事内容、働く人の人柄などがよくわかります。ぜひご確認ください。

04エントリー(応募)

求人への応募方法は、ハローワーク・求人サイト・就農イベントなど媒体や就職支援機関、応募する農業法人によって違います。(第一次産業ネットでは求人情報ページ内にある、「応募する」ボタンから応募できます。) 応募後は、採用担当者から連絡があり、書類の送付や面接などのステップに進んでいきます。

05応募書類の作成・送付

履歴書は、あなたがどんな人なのかを見極める重要なものです。書類選考に通過することだけを意識して作成するのではなく、その先の面接も意識して作成することが大切でしょう。 面接では、志望動機を聞かれることが多いですが、応募書類にもしっかりと記入する必要があります。

書類選考

送付した書類(履歴書)により選考があります。1週間以上連絡がない場合には、電話で問い合わせても問題ありません。

06面接

書類審査に通ったら、いよいよ面接です。農業法人への就活では、就職希望先が遠方の場合もあるため、はじめに電話面接を行う
ケースもあります。

電話面接とは?

電話面接とは、就職希望先が遠方の場合などに行う、電話での簡易的な面接です。面と向って話さない分、挨拶や受け答えがしっかりできるかというポイントが評価される場合もあります。また、表情がわからないため、声のトーンが低いと暗い印象を与えてしまう場合もあるでしょう。 直接顔を合わせないからと言って、気を抜くことがないように、しっかり準備して臨むことが大切です。

現場での面接

現地に出向き、農場や牧場に隣接する事務所で社長や採用担当者と直接会い、面接を行います。就職希望先の規模などに合わせて、服装を考える必要があるでしょう。 企業体であればスーツ、家族経営や規模が小さいところであれば、普段着でも問題ないでしょう。しかし、普段着といっても、失礼のないような服装をしなければいけません。(スウェット・短パン・タンクトップなどはNGです。)

逆質問の注意点

聞きたいことがある場合には、質問することもできますが、面接は相手に自分を見てもらうことが目的だということを忘れてはいけません。内容によっては、印象を悪くしてしまう可能性があります。 その場で採用が決まりそうな場合には、給与や住居、待遇について事前に確認するのも良いでしょう。

体験・見学

農業法人によっては、面接と同時に現場の見学や体験ができるケースも多いです。実際に仕事をしてみて、「自分がこの仕事を続けていけるのか」「仕事に楽しさを感じられるのか」などを体験して見極めましょう。 また、遠方からの応募の場合、就職するに当たって引っ越しが必要になるため、就職だけでなく、移住に不安を抱く人は少なくありません。しかし、事前に仕事や現地での生活を体験できれば、事前にミスマッチを回避できるでしょう。そのため、1~2週間の体験を受け入れてくれる農業法人もあります。面接日を決める時に、事前に相談してみましょう。

07内定

面接後は、就職希望先から合否の連絡を待つことになりますが、結果が出るまでに時間がかかる場合もあります。 結果が出る予定の日から1週間程度待って連絡がない場合には、結果を問い合わせても失礼にはあたらないでしょう。

08試用期間・採用

就職希望先で働く決心がついたら、遠方の場合には現地へ引っ越しをします。その後、採用を前提とした1~6ヵ月の試用期間を経て、本採用となります。困ったことなどがあれば、経営者側に相談できます。働きやすい職場をお互いに協力しながら作っていきましょう。