農業・林業・漁業の求人情報で就職・転職・アルバイト探しを支援

衆議院議員 石破茂氏インタビュー

日本の林業のビジネスとしての今後の発展について

日本の林業のビジネスとしての今後の発展についてはどの様に見通しておられますか。

林業も農業、漁業と同様です。問題意識をもって成功事例を見に行く、そしてうちの地元でできないだろうかというマインドを持つか持たないかが岐路となるでしょう。

林業の将来の一つは CLT(Cross Laminated Timber=クロス・ラミネーテッド・ティンバー)だと思っています。岡山の真庭市という地域に銘建工業株式会社という日本一の CLT メーカーがあります。板をクロスに重ねて圧着した木材で、強度も高く活用の幅が広いものです。この技術はヨーロッパでは 1980 年代からあるのですが、日本の場合、山は林野庁、建物は国土交通省が担当しているためか、その技術が定着しなかったようです。これではだめだということで、銘建工業の中島社長が行動を起こされました。

ヨーロッパでは、オーストリア、ドイツ、ノルウェーでCLT建築がさかんです。木造の 5 階建ては当たり前で、10 階建ても立つようになって、今度はノルウェーで 16 階建てができました。木で軽いからそんなに深い基礎工事は必要ないし、面構造ですから一部屋一部屋を作って、持って行って、現場で組み立ててればよいので、ゴミが少なく、工期も短い。

今まで日本の林業は、「一本柱数千万円」という商売を中心にしていました。しかしそれだけでは、その他の間伐材などは金にならず、外材にやられちゃうわけです。林業における一人当たりの生産性は、日本はオーストリアの 3 分の1です。機械を入れることによって生産性を上げ、CLT によって需要を増やす、これだけでも日本林業は変わっていくのではないでしょうか。また、CLT を普及させても、外材の CLTを輸入するようでは本末転倒です。これを国産材でできるところまでもう一工夫が必要だと思っています。

宮崎の例ですが、木の直販というのをやっています。農業や漁業と似たような話で、今までどうやって売るか、ユーザーにどうやって届くか、ということには必ずしも関心がなかった。そこを乗り越え、産直で消費地へ運んで、そこの建築業者とコラボして、家を建てるというビジネスは成功しています。

日本の都市部に国産木造を使用した 10 階建てのビルがたくさん建ったら面白いですよね。可能性は大いにあります。

第一次産業界で未来を描く方々へ

ありがとうございます。最後に第一次産業界で未来を描く方々へのメッセージがありましたらお願いします。

若者や女性にとって今は一次産業参入のチャンスです。若者はパソコン使えますしね。また、女性が農林漁業にすごく関心を持ってきてくれています。女性の発想を生かし、女性の視点で見た農林漁業における働き方やマーケティングもありではないでしょうか。

農業でも、林業でも、漁業でも、作りっぱなし、切りっぱなし、取りっぱなしからの脱却というところに本当に大きな無限の可能性があると思います。一工夫加える、というのが重要になってくるということです。「そこまでやらなくてもいいんじゃないの」というあきらめ感があるところもありますが、そんなことを言っていたら日本から農林漁業はなくなってしまう。それで良いと思っている日本国民はいないと思います。

だから一緒に頑張りましょう。

(2016年8月24日 石破茂事務所にて)



上に戻る