就農者インタビュー特集

松橋 渉 さん
Profile
経歴:青森県出身。北海道の工業大学を卒業後はIT企業に就職。3年程勤務した後、2015年8月に株式会社グリーンヴァレーに入社。
勤務先
農業生産法人 株式会社グリーンヴァレー(北海道)
事業:酪農業、農作業委託/スタッフ17名

酪農業界に興味を持ったきっかけ

IT企業に勤めていた松橋さん。これまでと全く異なる酪農業界に興味をもった理由とは?

『ずっと北海道で仕事がしたかった』

北海道という土地がとても気に入っていた事もあり、大学在籍中からずっと北海道で仕事がしたいと思っていたんです。 大学卒業後は札幌のIT企業に入社したのですが、すぐに東京のオフィスへ異動となりました。 3年程働いたのですが、やはり北海道への想いが強くて、その時に転職を決意しました。 北海道での仕事を探している時、大学時代の友人が酪農牧場に就職したと言う話を聞きまして、そこで初めて酪農に興味を持ったんです。 ずっとデスクワークでしたし、『自然を感じながら動物と関われたら・・・』っていう思いがあったんだと思います。 そう感じた後、勢いで牧場探しを始めました。

酪農業界での仕事選び

数ある酪農牧場の中で、松橋さんはどのように牧場選びをされたのでしょうか。

『家庭のことを一番に、働く環境を重視しました』

結婚も控えていたので、妻となる彼女にも安心してもらえるよう、社会保険の完備や福利厚生がしっかり整っている会社を前提に選びました。 また、妻の実家である旭川から近い地域で探そうと思い、オホーツク近辺で探していました。 その中で、このグリーンヴァレーに出会ったんです。 見学も快く受け入れてくれました。 牧場は若手中心で、道外出身の酪農未経験者の方がいたり、牧場の後継ぎがいたり・・・ バラエティに富んだスタッフばかりで、みんなの中にもすぐ馴染めるかなと思ったんです。 それに労働環境もしっかり整っていたので、入社を決めました。

実際に就職してみて

これまでと全く異なる仕事に不安が多かった松橋さん。でも今はそれを乗り越え、酪農の面白さも実感し始めているようです。

『やった分だけ成果が返ってくる達成感』

見学の時に感じた通り、スタッフのみんなとはすぐに馴染むことができました。 不安だった仕事も丁寧に教えてくれたので、不安も吹き飛びました。 今やっている主な仕事は“搾乳”ですが、少しずつ他の業務も任せてもらっています。 IT業界にいるときは仕事が細分化されていて、一部の工程にだけ関わっているという感じだったので、今、少しずつでも全体の仕事に関わることができて嬉しいです。 やった分だけ成果が返ってくる実感もあって面白いですね。

今後の目標

新たに任せてもらった仕事を通じ、これからのビジョンも見えてきた松橋さん。

『より生産的な酪農をできるようになりたい』

最近、パソコンを用いたデータ管理作業を任せてもらうようになりました。 例えば、調子が悪い牛をデータで管理し、獣医さんにどの牛を診てもらうかなど、今後の対策を考えたりしています。 データに基づいた分析は結構興味深くて、大学時代の理系の血は残っていますね(笑) どの牛にどういう種付けをしたらいい牛が生まれるかとか、極めてみたいんです。 その結果、より生産的な仕事ができるようになりたいです。

農業を志す方へメッセージ

全く異なる環境にいた松橋さんだからこそ伝えられる事がありました。

『軽い気持ちでもいいし、やっぱり行動してみること』

よく言われている事かもしれませんが、『ぜひ動いてみてください!』それに尽きます。 アクションを起こしてみないと何も始まりませんし、自分で言うのも何ですが、酪農を仕事にするなんて思ってもみなかったので・・・ あの時グリーンヴァレーに見学に行って良かったな、と思っています。 「ちょっと興味があるけど、一歩踏み出す勇気が出せない」そんな人は積極的に牧場見学を受け入れている牧場さんに行く事をお勧めします。 (もちろん、グリーンヴァレーでも随時見学や作業体験を受け入れていますよ!)
農業生産法人 株式会社グリーンヴァレー
北海道の道東、オホーツク海に程近い紋別郡滝上町に位置するメガファームです。現代表は30代、活躍しているメンバーも20代~30代が中心で、世代交代が進んだ非常に勢いのある酪農牧場です。
株式会社グリーンヴァレーの求人はこちら
※掲載終了の場合は「0件」と表示されます。

シェアする