就農者インタビュー特集

富田 翔美 さん
Profile
経歴:酪農学園大学に在学中、将来は実家の酪農牧場を継ぐことを決意。大学を卒業し、現在は株式会社グリーンヴァレーで酪農のスキルや経営面のノウハウまでを勉強中。
勤務先
農業生産法人 株式会社グリーンヴァレー(北海道)
事業:酪農業、農作業委託/スタッフ17名

酪農業界を目指したきっかけ

ご実家が酪農牧場である富田さん。幼いころから慣れ親しんでいた酪農を“仕事”にしたいと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

『自分の知らない現場を知りたかった』

家業である酪農について学びたいと思い、農業高校に入学し、その後は酪農学園大学に進学しました。 高校~大学まで酪農の基礎知識を身に付けながら、休みの日は実家を手伝う生活を送っていました。 仕事にする事を意識したのは、就活を始めた時期ですね。 本当は卒業してすぐ実家の牧場で働くつもりだったんですけど、それを父親に伝えたら「他の牧場の現場を見て、修行してきなさい。」って言われたんです。 確かに父親の言う通り、他の牧場で実際に働くことで視野も知識もぐんと広がると思いました。

酪農業界での仕事選び

卒業後の目標が定まってから、数ある牧場の中でグリーンヴァレーを選んだ理由とは?

『ここで勉強したいと、素直に思えた牧場』

グリーンヴァレーとの出会いは、大学で行われた合同企業説明会でした。 そこで張間社長の話を聞いて興味を持ったんです。 その出会いをきっかけに実際に牧場にも見学に行きました。 グリーンヴァレーは牛の繁殖成績もすごく良いし、規模が大きく設備も整っていました。 それにスタッフの方の働いている様子、張間社長の考え方、すべて魅力的だったんです。 社長は会社の事、スタッフの事を本当に考えていて、きっちりした方だなって思って・・・ここで勉強したいな。 と、素直に思って、グリーンヴァレーに決めました。

実際に就職してみて

新卒で有限会社清香園に入社した川久保さん。入社前のイメージと比べて、実際の盆栽の仕事はどうだったのでしょうか?

『大変さの中に楽しさがあるし、休日も充実してます』

今は本店の店舗で接客や発注の仕事を担当しています。 経験に関係なく新人でも仕事を任せてもらえるので、とてもやりがいがあります。 実力主義でどんどん挑戦できる環境が気に入っています。 マイナス面を感じることは無いですね。 むしろ入社してみて感じるのは、清香園のブランドの高さです。 伝統とブランドがあり、お客様に信頼して頂いているのを実感しています。 そんな環境で仕事ができるので、ますますやりがいがあるんです。

今後の目標

入社して間もないものの、少しずつ将来の目標も明確になってきているようです。

『実家に戻った時、グリーンヴァレーで学んだ事を活かしたい』

グリーンヴァレーは人事の評価システムがしっかり整っているんです。 勤務態度や能力がお給料に反映されるので、もっと頑張ろうって思えますね。 組織の一員として働くことで、一般企業と同じような上司や同僚との関係とか、どう頑張ったらどう評価に結びつくのかを知れるので、グリーンヴァレーに入ってよかったです。 これは実家の牧場に戻ってからも活かしたいですね。あとは業務マニュアルや社員の心得がまとまっていて、どんな人でもスッとこの仕事に馴染むことができる環境が整っています。 普通の会社なら当たり前かもしれないですが、この業界では先進的な取り組みだと思います。 会社としての取り組みに関しても学ぶことが多いんです。

農業を志す方へメッセージ

最後に、酪農業界を志す方にメッセージをいただきました。

『真面目にやって、キツイと思わない仕事は無い』

とにかく牛たちが可愛いくて、そんな牛たちに囲まれて仕事ができて楽しいです。 一方で、体力的にもツライ事もやっぱりあります。 でもそれは真面目にやっているからキツイと感じているんだと思いますし、どんな業界でもツライ仕事はあると思うのでそれほど苦になりません。 それに、グリーンヴァレーは従業員が多いので何でも相談できる相手がたくさんいて安心します。 平均年齢も20歳代で若いし、社長の『若い人にどんどん挑戦してもらいたい』って気持ちもすごく伝わるし・・・ そんな会社だったら、酪農未経験の方でもしっかり務まっていくんじゃないかなって思います。 あとこれは個人的なことですが、女の子が増えたら嬉しいです!お喋りも仕事の楽しみの一つになりそう(笑)
農業生産法人 株式会社グリーンヴァレー
北海道の道東、オホーツク海に程近い紋別郡滝上町に位置するメガファームです。現代表は30代、活躍しているメンバーも20代~30代が中心で、世代交代が進んだ非常に勢いのある酪農牧場です。
株式会社グリーンヴァレーの求人はこちら
※掲載終了の場合は「0件」と表示されます。

シェアする