就農者インタビュー特集

井倉 渓 さん
Profile
年齢:27歳
経歴:大学中退後、NPO法人や一般企業での勤務を経て、2014年に株式会社カワカミに中途入社。現在は入社5ヶ月目。
勤務先
会社名:株式会社カワカミ(熊本県)
事業:レンコン、レタスの生産販売 / スタッフ7名

農業を目指したきっかけ

高校ではカナダに1年間留学し、留学生も多いAPU(立命館アジア太平洋大学)で大学生活を送っていた井倉さん。なぜ日本で農業をする事になったのでしょうか?

『日本の田舎で働きたい』

元々は海外志向が強く、高校で海外留学を経験し、大学も大分県のAPUを選びました。しかし、海外の事を知った上で改めて「日本のことが好きだ」と気づき、日本の田舎でのびのびと働きたいと思うようになったんです。そこで大学を中退し、九州の中心の五ヶ瀬という場所にあるNPO法人 五ヶ瀬自然学校で人生経験を積むつもりで働き始めました。そのNPOにはそのまま1年を通して勤務することになり、子供キャンプや食育に取り組んでいました。その後、地元産のお米に付加価値を付けてブランド米として売る仕事をきっかけに、売るだけではなく作る方にも興味がわき、より根本の「生産」の仕事に就きたいと考えるようになりました。

農業での仕事選び

農業の仕事を探すにあたって、作物の種類や就業場所にはこだわりは無かった井倉さん。社長の川上大介さんのアツいメッセージに共感して、株式会社カワカミへの応募を決めました。

『社長のビジョンに惹かれて』

私は生まれが福岡なんです。妻は大分の出身で、どちらの実家でも無い、新しい場所で暮らしたいねと話していました。九州でも佐賀と長崎は土地勘が無かったので、熊本・宮崎・鹿児島と南の方で探しました。田舎で農業をしたいと考えていたので、当初は新規就農も検討はしてみたのですが、自分一人でというのはあまりイメージが沸きませんでした。何か良い方法は無いかなと探していたら、偶然に株式会社カワカミのホームページを見つけたんです。掲載されている『農業を産業に!』という社長のメッセージや、会社の設立趣意にすごく共感しました。ちょうど人材募集をしていたので募集要項を見てすぐに電話しました。

農業へ転身してみて

社長のビジョンに惹かれて株式会社カワカミに入社した井倉さん。入社前のイメージと比べて、実際の農業の仕事や田舎暮らしはどうだったのでしょうか?

『すごく、頭をつかう仕事だ』

私の農業へのイメージは、収穫のイメージが強かったんです。畑づくりだとかハウスを立てたりだとか、そういう地味な仕事はなかなか見えていませんでした。ですが実際に農業をやってみて、裏方のような地味な仕事こそ重要だと気づいたんです。体力的にも慣れるまで少し時間がかかりましたね。あとは予想以上にすごく頭を使う仕事だな、とも感じました。カワカミでは、効率化や簡易化をして誰にでもできる仕組みを明確にしていこうと、みんなで知恵を出し合っています。社長は私たち従業員のことを一番に考えてくれていて、やはりアツいですよ。社長がこの仕事を楽しんでいるのを、私も感じます。暮らしについては、熊本市の郊外のこのエリアに住んで、望んでいた田舎暮らしを楽しんでいます。便利さもありながら、伸び伸びと暮らしやすい環境が気に入っています。

今後の目標

かねてから生産の仕事をしたいと考えていた井倉さん。今は野菜づくりに加えて、会社のみんなで一丸となって“あるもの”をつくることにやりがいを感じています。

『若い人が農業で働けるような仕組みづくり』

誰でも簡単に農業ができるように仕組み化していく、という社長の考えに私も賛同しています。これからどんどんメンバーが増えても、みんなが簡単にできるように、組織化や産業化に貢献していきたいです。そして若い人が農業で働けるように、「地盤づくり」をしていくことが今の目標です。将来的には、食育などの面でも社会貢献ができたらいいですね。まだまだ半人前なので偉そうに「食育」とは言えないですけど、都会の子供達にも、野菜や農業の魅力を伝えていきたいです。

農業を志す方へメッセージ

最初は農業の仕事に対してイメージのずれを感じた井倉さん。そのギャップを乗り越えて今は農業で楽しく働いています。それにはどんなコツがあったのでしょうか?

『プラス思考で楽しみましょう!』

農業をしていると、新しく建設するハウスのためにひたすらパイプの錆びた所を切るなど、地味な作業が沢山あります。農業が未経験だと、入社後にそうした実際の作業にイメージのずれを感じる方もいらっしゃるかもしれません。それを『いかにプラス方向に修正できるか』が、農業で長く働くコツかなと思っています。カワカミでは作業の効率化に向けて常に工夫しているので、ものごとに対してプラス思考で、柔軟に対応できる人が特に向いているような気がします。何より大切なのは、仲間と一緒に仕事を楽しむこと。最初は慣れない農業の仕事が辛く感じるかもしれませんが、プラス思考でぜひそのギャップを乗り越えてほしいですね。
株式会社 カワカミ
熊本で代々続くレンコン農家の3代目が率いる株式会社カワカミ。代々続く基盤の上に、自らの研鑽と仲間との協力で新しい経営を進めています。その取り組みが評価され、熊本県農業コンクール大会では「新人王部門 秀賞」を受賞するなど、今、各界から注目を集めている成長中の会社です。今後はGLOBAL G.A.P.認定取り組みで、さらなる販路拡大にもチャレンジ。社員みんなの自発的な考え方を尊重した風通しの良い社風で、若い力をさらに生かすために必要なフィールドを用意しています。
株式会社カワカミの求人はこちら
※掲載終了の場合は「0件」と表示されます。

シェアする