クイックサーチ

[研]廃校を活用した地域活性プロジェクト!新規立ち上げに向けた地域コーディネーター募集◎
≪農業生産・農産物直売所・飲食事業などを展開予定≫

支倉小学校活用・地域振興協議会

キープリストに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会
  • 【支倉小学校活用・地域振興協議会とは】
    わたしたち「支倉小学校活用・地域振興協議会」は、平成24年3月に廃校となったこの小学校に新たなストーリーと生命を吹き込むプロジェクトを、役場・地域住民・民間事業者とともに進めています。
    《ココにしかない『食卓』の提案》をテーマに、“食べる” “交わる” “学ぶ” が体感できる、地域複合アグリ交流施設を平成30年夏の開設に向けて準備しています。
  • 【廃校となった「支倉小学校」の再生と地域づくり】
    東北地方の中心都市「仙台」から車で30分程のところに、川崎町支倉(はせくら)地域はあります。支倉地域は、川崎町内でも美味しい「米どころ」であり、ブランド牛「仙台牛」の飼育も盛んで、のどかな農業地帯が一面に広がるところです。
    しかしながら過疎化が進み、地域の中心にあった「支倉小学校」が廃校となってしまいました。本協議会では、支倉小学校の活用と再生、また学校を核とした新たな地域づくりに向けた活動に取り組んでいます。
    ※支倉小学校は、平成6年5月に3代目となる現在の校舎が完成し、平成24年3月に学校としての幕を下ろしました。
  • 【支倉小学校再生プロジェクト、本格始動!】
    支倉小学校を活用した新規事業として、『農産物の直売所』『地域農産物を活用した飲食事業』『地域素材を活かした加工品の製造』など、さまざまな事業がスタートする予定です。
    そこで、私たち協議会とともに新規事業を支えてくださる「地域コーディネーター」を募集します!
    業務内容は新規事業に関する内容の他に、SNSなどを使った情報発信など幅広いですが、多くの人と関わりながら貴重な経験を積めるチャンスです。
  • 東北および全国から年間約100万人の観光客が訪れる、宮城県川崎町。
    地域内外のさまざまな人々と繋がり合える、そんな川崎町を盛り上げるこのプロジェクトに、飛び込んでみませんか?
  • ※ブログも随時更新中!:廃校再生プロジェクト 活動報告ブログ

ココがポイント!

  • ・『仙台』から車で30分程の川崎町支倉地域
  • ・10年先の美しい風景を作るプロジェクト
  • ・平成30年夏、地域複合アグリ交流施設開設予定
事業概要 露地野菜 観光農業 農林水産関連企業
職種概要 生産 加工 販売・サービス系 企画・マーケティング系 事務・管理系(総務・経理・人事等)

決め手はココ!

写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の決め手(1)
【今後の事業展開をご紹介!】
≪農業生産≫
農家さんと連携して養蜂を行ったり、ハチミツを活用した6次産業化を実施します。ゆくゆくは周辺農地を利用して、自社農園で野菜の栽培も行う予定です。
≪農産物直売所の設立≫
約1年後の開設に向けて、出荷する農家さんを募集し、品揃えの拡大や出荷体制づくりに向けた準備をします。また、出荷する地元農家さんの組織化を図り連携を深めていきます。

~ 他にもこんな事業を展開していきます! ~
・ベーカリー&カフェの運営
・体験プログラムの開発と提供
・地域情報発信、各種イベントの企画・実施
・新たな加工品の開発・製造
・集客促進、地域商材の外部販売促進 …など
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の決め手(2)
【支倉小学校を「地域共創の夢舞台」に!】
支倉小学校再生プロジェクトでは、昨年度より地域の住民や役場、民間事業者が一体となりながら、意見交換や勉強会・廃校視察など、様々な取り組みを行ってきました。平成30年夏には、地域の農産物直売所やベーカリー&カフェレストラン、グランピング施設などを兼ね備えた地域複合交流施設へと生まれ変わります。
また、川崎町内で栽培されたブドウを使用した、ワイン醸造施設も併設されます。今後は、学校林を活用した養蜂や、地域の加工品開発の取り組みなども行っていく予定です。
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の決め手(3)
【自らの夢を実現できるフィールドが、ここにはある!】
本プロジェクトの完成は、10年後の未来にあると考えています。支倉小学校の活用をスタートに、周辺の農地や空き家など、地域にある遊休資源を活用しながら、支倉地域のブランド化を目指していく、長期的な取り組みでもあります。
拠点となる支倉小学校も、平成30年夏より事業を開始していきます。学校や農地・空き家などを活用しながら、自らの夢を実現できる環境がここにはあります!事業運営リーダーとして活動することも大歓迎。また、支倉地域では地域資源を活用して「起業」することも応援しています!
この企業に応募する
  • コンタクトする
  • キープリストに追加

募集情報

雇用形態 研修生〔採用予定人数:1名〕
仕事内容 [研]地域コーディネーター業務

≪詳細≫
支倉小学校を活用した新事業の立ち上げに向けた、各種地域コーディネート業務の実施
(1)農産物直売所立ち上げに向けた、地域内の農業者及び農産物等の資源調査と発掘
(2)飲食事業の立ち上げに向けた、地域農産物等を活用したメニュー開発
(3)体験・交流イベント等の企画及び運営、体験メニューの開発
(4)地域活動情報の発信(SNSによる情報発信、地域かわらばんの作成)など
期間 年1回研修期間更新(最大3年間研修期間更新可能/更新時期:3月)

※研修期間満了後または研修期間内であっても、適正により、本協議会の運営事務局である「株式会社東北農都共生総合研究所」の廃校事業担当の従業員として採用する場合もあります。
給与 月給:140,000円~200,000円
待遇 ・保険あり(労災保険)
・車通勤OK(駐車場あり)
資格・経験

年齢:39歳まで
経験:未経験OK
免許:普通自動車免許(オートマ限定可)
学歴:専門・短大・大学卒以上
その他:PCスキルがある方(Office等の基本操作ができるレベル)

【歓迎要件】
・農業に対し興味や関心の高い方歓迎
・販売、飲食業の経験がある方歓迎
・イラストレーター等を活用し、デザイン制作ができる方歓迎
・食に関する資格(フードコーディネーター等)をお持ちの方歓迎

【求める人物像】
・明るく元気な対応ができる方
・地域の中で様々な人と積極的にコミュニケーションを図りながら、アイディアや企画を出せる方
・色んなことに興味・関心を持って行動できる方
勤務時間 [目安]08:30~17:30
※変形労働制 週平均実働40時間
※農業関連業務のため天候・季節・状況に応じて変動あり

《一日のスケジュール例》
08:30~12:00 地域資源発掘・農業者ヒアリング活動
12:00~13:00 昼休憩
13:00~15:00 イベント企画・取材等
15:00~17:30 情報発信業務
休日・休暇 ・週2日(日曜、その他)
・年末年始休暇あり
勤務地 宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9

地図の開閉 地図の印刷用ページを開く

寮・社宅 現在、川崎町内の空き家の用意を調整中です。
遠方からお越しの場合、引越し費用は自治体から補助が出ます。
この企業に応募する
  • コンタクトする
  • キープリストに追加
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の募集情報(1)
10年先を見据えた地域経営モデルの構築
長年に渡り愛されてきた「学校」というコミュニティ・シンボルを活用して、多くの人が集い・共に育める新たなコミュニティを作ろうとしています。
多くの人々が関わりながら、その価値を磨き上げる仕組みを構築し、一定の収益性ある事業を創出することで、長期的に地域のブランド力を向上したいと考えています。
私たちは “今” だけでなく “10年後” も美しい風景を維持するための経営モデルの実現を目指しています。
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の募集情報(2)
100万人が訪れる町、宮城・川崎町の魅力
町の中心には「国営みちのく杜の湖畔公園」があり、年間を通じて音楽フェスティバルやスポーツイベントなどが開催され、ファミリーや若者などで盛り上がっています。他にも、3つの温泉地やキャンプ場や釣り堀などの自然の中で楽しめるアクティビティも豊富です。
川崎町では移住や起業に対する支援に力を入れており、今年のはじめには「コワーキングビレッジ『SPRING』(地方創生拠点)」が完成し、移住者をはじめとするコミュニティづくりも推進されています。移住した人が農業に取り組んだり、新事業を立ち上げたりなど、チャレンジできる場も豊富です。
写真:支倉小学校活用・地域振興協議会の募集情報(3)
「支倉常長(はせくら つねなが)」ゆかりの地
「支倉常長」は、今から約400年前、奥州筆頭・伊達政宗の家臣として、日本初となるスペインとの通商外交を行なった武将です。常長は、慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、アジア人として唯一無二のローマ貴族の称号を授与されました。また、持ち帰った「慶長遣欧使節関係資料」は国宝ならびにユネスコ記憶遺産に認定されています。
ここ支倉地区は、常長ゆかりの地でもあり、支倉小学校の裏山には、常長が青年期を過ごした「上楯城址」と、菩提寺の円福寺には常長のお墓があります。

企業情報

企業名 支倉小学校活用・地域振興協議会
事業内容 宮城県川崎町支倉地区における、地域づくりに関する活動・廃校再生プロジェクトの運営
設立年月 2017年
資本金
所在地郵便番号 〒989-1507
所在地 宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9
代表者名 佐藤 恒一
従業員数

応募方法について

応募方法 ◎第一次産業ネットよりご応募ください。
ご応募の際は“自己PR・志望動機”を入力の上、「応募する」ボタンよりご応募ください。
応募前にご質問のある方は「コンタクトする」をご利用ください。
採用までのプロセス 応募(ご質問ある方はコンタクト)

担当より連絡(WEB選考あり)
※携帯アドレスの方はPCメールが受信できるようにしておいて下さい。また、電話の場合、すぐに出られない可能性がある方は留守番電話の設定をお願いします。

写真付履歴書・職務経歴書の提出(書類選考)

一次面接、二次面接(役員)
※遠方の方は応相談

内定
企業担当者名 片岡・青柳(アオヤギ)
※協議会事務局:株式会社 東北農都共生総合研究所
企業TEL 022-796-0336(9:00~18:00)
※こちらは求職者さま専用です。セールスのお電話は一切お断りしております。
掲載期間 2018/01/10まで ※掲載期間はあくまで目安となります。状況によって早期に終了する場合もございますのでご注意ください。
この企業に応募する
  • コンタクトする
  • キープリストに追加

この求人に近い求人

左ボタン 右ボタン

この求人を見た人は、こんな求人も見ています

左ボタン 右ボタン
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページトップへ
公式外部サイト
2018年卒業予定の方はこちら
GeoTrust
Life Lab